Finnadvance Ltd. – AKITA® Lid

スループットの向上

AKITA® Lidを用いることで、96テスト分を同時にTEER測定可能です。

顕微鏡は細胞の生存率や生理学の観察に一般的な手法ですが、大きな投資をしなければ継続的で繰り返しの測定は出来ません。電気的な測定は迅速で、必要があれば繰り返しが可能です。AKITA Lidは、AKITA Plate用のマルチチャネルTEER (trans epithelial electrical resistance)測定装置です。

TEER (trans epithelial electrical resistance)測定は層に培養された細胞の迅速・繰り返しの分析に不可欠です。TEERは最も信頼できる生物学的バリアの評価に必要とされる視覚に依らない測定技術です。

AKITA Lidは4電極のTEER装置で、使い易さを第一に設計されています。完全なワイヤレス制御で、ワンステップのデータ収集とリモート制御が可能です。複数のLidを同期操作することで、HTSとHCSに向けたシステムとなります。

スペック

  • 96テストまで同時測定可能
  • マルチ周波測定
  • 1Hzから200kHzまでの超広域帯
  • 標準的な細胞培養インサートとの完全な互換性 – コントロールプレートでも使用可能
  • 白金電極

上へ戻る
Finnadvance社 紹介ページへ戻る

各商品の価格のお問合せ、商品仕様書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。