臨床検体 – Tissue Solutions

ヒト組織調達の世界的な担い手として

Tissue Solutions社では、徹底的な倫理順守のもと高品質な生体試料を迅速にお届けいたします

Tissue Solutions社(イギリス)では、それぞれのユーザー様の研究ニーズや開発ニーズに応えるため、厳格な倫理基準のもと、高品質なヒト生体試料の供給を行っております。同社はISO9001:2015の認証を取得しており、倫理基準を満たしている150以上の医療施設から検体の供給を受けています。生体試料は正常組織および各種病理組織を、新鮮・凍結・FFPEなどのフォーマットからお選びいただけます。ユーザー様の個別のご要望に合わせた検体の調達を承っております。

Tissue Solutions社はバイオテクノロジー企業・製薬企業・CRO等のユーザー様向けに、高品質検体をご提供しております。また、カスタム検体の前向き採取も承っており、研究デザインから検体採取方法の選択および管理まで、全ての段階において専門的なアドバイスを提供することが可能です。

Tissue Solutions社は信頼のおける生物材料を世界中の皆様に効率よくお届けするためにも、検体の採取および取り扱いについて、厳格な倫理基準を設定しております。

(Tissue Solutions社のウェブサイトはこちら)


目次

バイオバンク検体
新鮮ヒト組織検体
検体の前向き採取
正常組織検体のFDA/EMEAパネル
新鮮分離細胞および初代培養株
前臨床段階の妥当性検証サポート

 

関連資料
末梢血単核細胞(PBMC)
研究用ヒト皮膚組織検体
ADME/TOX組織のサポートおよびアッセイ


バイオバンク検体

病理診断済みの凍結およびFFPE組織検体を幅広い病態から調達可能です。

Tissue Solutions社ではドナーマッチングを行った腫瘍組織および正常隣接組織(NAT;normal adjacent tissue)を、ユーザー様の求める比率でご用意いたします。手術で摘出された組織は切除後15~30分以内に凍結保存し、ブロックまたは薄切スライドの状態でお届けいたします。組織マイクロアレイ(TMA)フォーマットも選択可能です。

Tissue Solutions社では各種病態を有する患者の検体を、手術により摘出された組織や、死後ドナーの組織から調達しております。
以下が調達可能な病理組織の一例です。

腫瘍 乳・膵臓・前立腺・子宮・膠芽腫・悪性黒色腫・頭頚部・膀胱・肝臓・腎臓・肺・卵巣
自己免疫性疾患 多発性硬化症(MA)・関節リウマチ(RA)・炎症性腸疾患(IBD)・全身性エリテマトーデス(SLE)
中枢神経系/
神経変性疾患
アルツハイマー病・パーキンソン病・統合失調症・うつ病・脳腫瘍・進行性核上性麻痺(PSP)・萎縮性側索硬化症(ALS)
炎症性疾患 変形性関節症(OA)・喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・乾癬
循環器系疾患 末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)・心筋・弁・血管・動脈
代謝障害 糖尿病(1型・2型)・肥満
感染症 爪真菌症・各種感染症の血液検体(HIV、HCVなど)・ジカ熱・デング熱
血液疾患 急性リンパ性白血病(ALL)・慢性リンパ性白血病(CLL)・急性骨髄性白血病(AML)・急性リンパ性白血病(CML)・真正多血症(PV)・本態性血小板血症(ET)・骨髄線維症(MF)
コントロール検体 外科的切除検体または死後検体の正常隣接組織(FDAパネルおよびEMEAパネルに完全対応)
体液 血液・血漿・血清・骨髄・尿・唾液・喀痰・関節液・脳脊髄液(CSF)・腹水

 

Tissue Solutions社では上記の検体以外にも、ユーザー様のご要望に合わせ、新たな検体の提供元をお探しいたします。調達が特に困難な検体については、前向き採取に向けて提携先の病院で実現可能性調査を行うことも可能です。

Back


新鮮ヒト組織検体

新鮮正常組織および腫瘍組織

Tissue Solutions社は英国を含むヨーロッパ諸国および米国の顧客に向けて、幅広い種類の新鮮ヒト組織検体を提供しています。ユーザー様のご依頼と検体調達元の特長に合わせて様々なオプションをお選びいただくことができ、任意の媒体に保存した状態で組織をお届けすることが可能です。

外科的切除により得られた正常組織検体および腫瘍組織検体は、様々なex vivoおよびセルベースの解析に用いることが可能です。さらに、臓器移植に適合しなかったドナーから、死後組織検体を得ることも可能です。また、健常者または患者ボランティアからの新鮮な血液検体および尿検体の前向き採取も承っております。

新鮮ヒト皮膚組織

新鮮ヒト皮膚組織検体は、薬物の皮膚透過性試験、皮膚刺激性試験、毒性試験などの創薬および開発応用、ならびに初代細胞と幹細胞の分離などにご使用いただけます。

Tissue Solutions社では美容整形の手術時に切除される皮膚組織検体を、腹・胸・頭皮・腕・上下瞼・背中などからディスク状またはシート状で提供しております。また、死後経過時間(PMI)が6-8時間程度のドナーから、任意の部位の皮膚組織を調達しご提供することも可能です。

新鮮皮膚検体はユーザー様の任意の媒体に保存した状態で、ドナーのHCV・HBV・HIV感染の有無の情報と併せてお届けいたします。

Tissue Solutions社は乾癬およびアトピー性皮膚炎患者の皮膚生検を行うための倫理的承認を得ています。5mmのパンチ生検により得られた病変部位および正常部位の皮膚組織検体、ならびに血液検体を同一ドナーから調達することが可能です。

※海外から検体を輸入するため、一部の新鮮検体は日本市場でお取り扱いがございません。

Back


検体の前向き採取

お探しの検体がバイオバンクの在庫にない場合、提携病院のネットワークを通した検体の前向き採取サービスを承っております。

提携病院のネットワークや、死後検体のソースを研究倫理審査委員会(IRB)の規則に準ずる形で活用することで、細かな選択/除外基準を満たす組織検体を提供することが可能です。

ドナー検体について、健常者と患者の両方から新鮮な血液・血清・血漿・尿などの体液、および外科的切除で得られた組織片を調達可能です。一方で、死後ドナーからは死後経過時間(PMI)が短い脳組織やDRGSおよび眼球などを含む、幅広い種類の組織を調達することが可能です。ユーザー様のご要望をお気軽にお申し付けください。

実現可能性調査

Tissue Solutions社では検体の前向き採取を行う際、検体採集に協力してくださる臨床医や研究グループを特定するために、まず初めに実現可能性調査を行います。これにより、現実的なプロトコルとタイムスケジュールを組むことができ、なおかつ必要に応じて研究目的に合致した代替案を提案することが可能になります。また同時に、バイオバンクに目的の検体があるかどうかの確認を行います。

臨床における協力関係の構築

実現可能性が十分に考慮されたのち、ユーザー様と組織提供元との間に合意形成がなされます。ユーザー様のご依頼に基づき、組織提供元と直接契約をすることが可能です。組織提供元とプロジェクトの計画を立て、検体採取に協力してくださる臨床医を集め、検体の提供元との合意形成を行うまでのプロセスはすべてTissue Solutions社がお引き受けいたします。

ロジスティック

組織検体を採取元からユーザー様の研究室へ直接お届けする物流ルートの構築が可能です。最適化された配送スケジュールを厳格に守ることにより、サプライチェーンの高効率化を達成しています。出荷の際は適切な温度管理を徹底し、通関手続き等のプロセスをTissue Solutions社が管理いたします。

 

※海外から検体を輸入するため、一部の新鮮検体は日本市場でお取り扱いがございません。

Back


正常組織検体のFDA/EMEAパネル

正常組織検体

抗体の交差反応性試験に用いるFDAパネルおよびEMEAパネルに対応した、高品質のFFPE・凍結正常組織検体をご提供いたします。スライド検体および組織マイクロアレイ(TMA)検体もご用意可能です。全ての検体は研究目的の使用についてドナー本人または家族からの同意を得ており、倫理的な手技により術後または死後検体から採取されています。また、他の生物種のパネル調達も承っております。

Tissue Solutions社ではそれぞれのパネルをユーザー様のご要望に合わせて調整いたします

  •  ドナーの年齢範囲および性別
   人種(白色人種、黄色人種、黒色人種など)
  •  検体保存方法(液体窒素による瞬間冷凍、緩慢凍結、ドライアイス冷凍、OCT包埋、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE))
  •  組織ごとに必要なブロック数
  •  ドナーと組織番号による完全または部分的なパネルの作製

標準の臨床情報には基本的な人口統計学的データ(年齢・性別・人種)ならびに死因、検体採取日および採取時の死後経過時間が含まれ、全ての組織についてH&E染色イメージが用意されます。ご要望に応じて追加のドナー情報を取得することも可能です。

FDAパネルに含まれる組織

副腎 膀胱 子宮 乳房 小脳 大脳皮質
結腸 眼球 卵管 消化管 心臓
腎臓 肝臓 リンパ節 卵巣 膵臓
副甲状腺 末梢リンパ節 下垂体 胎盤 前立腺 皮膚
脊髄 脾臓 横紋筋 精巣 胸腺 甲状腺
尿管

 

EMEAパネルに含まれる組織(上記リストも含む)

末梢神経系 小腸 耳下腺 扁桃腺

パネルに含まれないその他の組織(胆嚢・輸精管・精巣上体など)の調達も承っております。お気軽にお申し付けください。

Back


新鮮単離細胞および初代培養株

Tissue Solutions社のもつ新鮮組織から単離された細胞および初代培養株のレパートリーは日々増え続けています。これらの培養細胞はライブカルチャーまたは凍結保存した状態でお届け可能です。

ヒト肝細胞

肝細胞は新鮮または凍結状態、浮遊培養または単層培養、短期培養(5~6日)または長期培養(3週間まで)がお選びいただけます。新鮮細胞はフラスコまたはマルチウェルプレートに入れてお届けいたします。全ての細胞検体はドナーの年齢、性別、肝臓の病態、既往歴の情報を含みます。また、肝ミクロソーム、S9画分(非誘導または誘導)およびサイトゾルなど、肝組織由来画分もご用意可能です。

ヒト表皮角化細胞(ケラチノサイト)

成人の正常ヒト表皮角化細胞は胸部または腹部の皮膚組織から採取されます。

ヒト線維芽細胞

線維芽細胞は腹部または胸部の皮膚組織、ならびに頭皮組織から採取されます。

ヒト脂肪細胞および前駆脂肪細胞

皮下の脂肪細胞および前駆脂肪細胞は外科的手術後の余剰組織から分離精製されています。培養および分化に関するプロトコルを提供いたします。

ヒト末梢血単核細胞(PBMC)

高品質な正常および疾患PBMCをご用意しております。CD34陽性細胞、単球、NK細胞、T細胞、B細胞を含む高純度なサブセットです。

疾患PBMC

ヒト正常細胞および疾患別細胞をご用意しております。これらの細胞はライブカルチャーまたは凍結保存した状態でお届けいたします。また、ミクロソーム、S9画分(非誘導または誘導)およびサイトゾルなど、組織由来画分もご用意可能です。

初代細胞

健常ドナーまたは患者ドナー(RA・SLE・クローン病・MSなどの自己免疫性疾患を含む)から得られたPBMCを新鮮または凍結状態でお届けいたします。凍結保存PBMCは年齢・性別・人種の情報に加え、HLAクラスIおよびクラスIIデータと共にご提供いたします。

ヒト膵島細胞

高品質で特徴づけのなされた膵島細胞を研究用にご用意しております。健常ドナーの膵島細胞および1型・2型糖尿病患者ドナーの膵島細胞からお選びいただけます。

iPS細胞

分化誘導済みのため、到着後すぐにご使用いただけます。

Tissue Solutions社が扱う全てのヒト細胞は、検査でHIV1/2、HCV、HBV陰性が確認されたドナーから得られています。また、マイコプラズマ、バクテリア、酵母菌、菌類などによるコンタミネーションがないことも検証済みです。目的の細胞の有無および現在の在庫を確認されたい方は、お気軽にご連絡ください。

※海外から検体を輸入するため、一部の新鮮検体は日本市場でお取り扱いがございません。

Back


前臨床段階の妥当性検証サポート

検体採集および処理プロトコルの評価用検体

Tissue Solutions社は、臨床試験において検体の適切な処理と管理がその後の研究の成否を左右しかねないということを理解しております。そのため、バイオマーカーによる臨床試験の前臨床段階における妥当性の検証に必要な、特定の検体セットへのアクセスを提供しております。また、臨床試験の一部として使用される検体の取り扱い、処理プロトコル、およびアレイの検証に用いることが可能な、特定のコホートを対象とした検体の調達も承っております。

バイオバンクの妥当性評価

生体試料は臨床研究において得られる貴重かつ掛け替えのない情報源であり、生体試料の適切な保存と管理が研究のカギを握っているといっても過言ではありません。Tissue Solutions社では、検体到着前の検体保存状態の妥当性および検体到着後のユーザー様による検体処理の妥当性を維持できるよう、検体の前向き採取を様々なフォーマットで承っております。

 

Back

各商品の価格のお問合せ、商品仕様書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。