Finnadvance Ltd. – AKITA® Plate

ヒト組織をシミュレート

AKITA®プレートはヒト化in-vitroモデルのハイスループット・薬剤スクリーニングを可能にします。

AKITA®プレートは生物学的バリア(blood-brain barrier, the airway barrier, gut epithelial barrier, and vascular endothelial barrier)を生成・維持する生体模倣培養条件を提供するように設計されています。in-vivo条件と同様に、内皮細胞は潅流する培地中に、また、上皮細胞は水面下または気液界面に維持されます。

AKITA®プレートには96ウェルプレートと384ウェルプレートの2サイズがあります。96ウェルは多い容量(150 uL)の実験を24回分、384ウェルは少ない容量(30 uL)でハイスループットの96回分です。

妥協の無い高解像度・ハイコンテントイメージング

AKITAプレートはほぼ全てのイメージングモダリティに対応しています。Finnadvance社では、デジタルホログラフィー、超音波イメージング、電子顕微鏡、共焦点イメージング、さらにMRIでも検証をしております。

SBS規格のプットプリントであるAKITAプレートは、これまでに設計されたどのプラットフォームよりも、ユーザーフレンドリーなorgan-on-chipsです。


生物学的バリア




  • 血液脳関門

    AKITAプレートで血管内皮細胞とアストロサイトを共培養すると、in vivoでのBBBの機能を非常に良く再現することを数多く示してきました。

    Phalloidin DAPI CD31

  • 肺・気道上皮

    AKITAプラットフォームを用いて、気液界面のヒト肺組織モデルを再現しました。A549細胞のモデルで、細胞上に気道線毛の構造を示しました。右の写真はAKITAプレート-96を走査電子顕微鏡を用いて観察しました。

    Phalloidin DAPI ZO-1 MUC5AC

  • 血管内皮

    AKITA Lumenプラットフォーム上で、50-500 umの血管を一貫して形成しました。96ウェルプレートで24のlumenネットワークを形成します。血管腔の癌細胞のローリング接着や軟骨細胞培養の骨髄ニッチの形成を研究します。

    Phalloidin DAPI CD31

  • 腸上皮

    Caco2細胞と血管内皮細胞を用いて、AKITAプレート上にヒト腸組織を再現しました。薬物の経口吸収性の予測を簡便に行うことが出来ます。

    Phalloidin DAPI ZO-1

上へ戻る
Finnadvance社 紹介ページへ戻る

各商品の価格のお問合せ、商品仕様書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。