ACROBiosystems – がん治療における放射性標識薬物複合体(RDC)の可能性を開く

薬物複合体デザインの発展とともに、放射性標識薬物複合体 (RDC) も徐々に注目され始めました。 この分野の先駆者である Novartis は、画期的な RDC Pluvicto (ILu-PSMA-617) で目覚ましい成功を収めました。 この革新的な治療法は、mCRPC 患者の治療において大きな有効性があり、がん治療薬における RDC の計り知れない可能性をもたらしました。

抗体薬物複合体 (ADC) とは異なり、RDC は放射性標識同位体を利用し、独立した作用機序、特異的な選択性、診断と治療をシームレスに繋げられるなどの明確な利点が挙げられます。 RDC 開発における注目すべきターゲットには、SSTR/SSTR2、PSMA、FAP などがあります。

ACROBiosystems社では創薬研究者の開発をサポートするために、PSMA、SSTR2、FAP などの一連の高品質タンパク質を提供できるようになりました。

フォーカス製品

検証データ

Dimer structure and high purity (>90%) verified by SEC-MALS

The purity of Biotinylated Cynomolgus PSMA Protein, His,Avitag (Cat. No. PSA-C82Q6) is more than 90% and the molecular weight of this protein is around 180-210 kDa verified by SEC-MALS.

High bioactivity verified by ELISA

Immobilized Monoclonal Anti-Human PSMA Antibody, Human IgG1 at 2 μg/mL (100 μL/well) can bind Human PSMA, His Tag (Cat. No. PSA-H52H3) with a linear range of 2-39 ng/mL (QC tested).

ACROBioSystems社 紹介ページへ戻る

各商品の価格のお問合せ、商品仕様書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。