ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル

HOME > 取扱メーカーリスト > Labmaster Ltd.


ROKEPIE紹介ページはこちら


TROPIQ紹介ページはこちら

生体分子精製磁気ビーズ ディスカウントキャンペーン実施中!

in vivo用高品質抗体

細胞冷蔵保存液Rokepie 無償サンプル配布中!

Biotinylated Proteins

取扱メーカーリスト

SINO BIOLOGICAL社 生科学関連製品リスト

株式会社 東京未来スタイル
(Tokyo Future Style, Inc.)

〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター A-13

TEL:029-851-9222
FAX:029-851-9220
info@tokyofuturestyle.com

お問い合わせはこちら

Labmaster Ltd.

labmasterロゴ

 

Labmaster社は、Turku Science Park(フィンランド)にあるバイオテクノロジー企業です。TR-FIA技術をもとにエンテロラクトン・エクオール・ゲニステインおよびダイゼインを検出するキットを製造販売しています。 (Labmaster社サイトはこちら


 

背景

 

エンテロラクトン

エンテロラクトンは食物繊維が豊富な植物に含まれるマタイレシノールおよびセコイラソリシレシノールが腸内細菌に消化されることにより生成されるリグナンです。このエストロゲン様化合物は性ホルモンの代謝や活性に影響を与えます。また、エンテロラクトンは細胞内酵素、タンパク質合成、悪性細胞の増殖、分化等に影響を与えるため天然の抗ガン物質の候補と考えられています。

絵1

 

エクオール

エクオールは大豆中のイソフラボンダイゼインが腸内細菌の消化により生成される代謝物です。近年、エクオールが乳がんリスクの劇的な低減に関係していることが分かりました。エクオールはダイゼイン自体よりも高い抗がん性を示します。これらの見地から、天然の抗ガン物質の強力な候補と考えられています。

絵2

 

ゲニステインおよびダイゼイン

ゲニステイン・ダイゼインは大豆や一部のマメ科植物内で生成される弱性のイソフラボノイドです。これらのイソフラボノイドはガンの予防に効果があるのではないかと考えられています。

 

絵3絵4


商品原理 (全商品とも同様の原理です)

①サンプルを加水分解およびエーテル抽出で処理

imEnterolactone-method-1

 

 

 

 

②90分間インキュベーション

 

③アスピレーションおよびウォッシュ

 

imEnterolactone-method-2

 

 

 

 

④5分間インキュベーション

imEnterolactone-method-3

 

 

 

⑤蛍光測定


商品リスト

 

商品コード 商品名 使用説明書 商品リーフレット
1212-2001 Enterolactone TR-FIA 使用説明書 商品リーフレット
1212-2002 Equol TR-FIA 使用説明書 商品リーフレット
1212-2003 Genistein TR-FIA 使用説明書 商品リーフレット
1212-2004 Daidzein TR-FIA 使用説明書 商品リーフレット

 

 

 

 

各商品の価格のお問合せ、使用説明書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
アドレス
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

 

 

  • Back
  • PageTop
 

ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル