ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル

HOME > 取扱メーカーリスト > SensiScreen® – PentaBase ApS

in vivo用高品質抗体

Biotinylated Proteins

ヒト由来サンプル

細胞冷蔵液Rokepie 無償サンプル配布中!

取扱メーカーリスト

株式会社 東京未来スタイル
(Tokyo Future Style, Inc.)

〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター A-13

TEL:029-851-9222
FAX:029-851-9220
info@tokyofuturestyle.com

お問い合わせはこちら

SensiScreen® – PentaBase ApS

weblogo6

PentaBase社の技術は、同社にて発明されたDNAインターカレーション INA®をルーツとします。今日、このINA®はPentaBase社により改良され、世界中のラボで採用されている標準的なオープンプラットフォームの装置で使用出来るようになっています。

 

(PentaBase社のウェブサイトはこちら

 


 

SensiScreen® 

―ガン変異の高感度検出アッセイ―

 

SensiScreen®は、ガン患者の体細胞変異を検出するためのリアルタイムPCRアッセイです。SensiScreen®は高感度、マルチプレックス検出能、簡便な操作性を持ち合わせており、一般的なリアルタイムPCR装置でご使用いただけるように設計されています。SensiScreen®による体細胞変異の高感度な検出は、野生型テンプレートの擬陽性シグナルを抑制するBaseBlockers™を含む、PentaBase社の新しく選択的なINA®技術により達成されます。

 

SensiScreen®の主要な特徴

高感度 – 1コピーの検出

シンプレックスおよびマルチプレックス構造

固体および液体生体試料からの検出

オープンプラットフォームデザイン

 

サンプルから結果までのアッセイ時間は3時間以内

SensiScreen®アッセイは”Ready-to-use”または”Dispense Ready”ミックスとして提供されます。Ready-to-useアッセイは、事前にPCRストリップに分注された状態で提供され、gDNAを加えるだけで体細胞変異試験にご使用いただけます。Dispense-readyミックスにはオリゴヌクレオチドとマスターミックスが異なるチューブに含まれており、PCRストリップに分注しgDNAを加えることでご使用いただけます。SensiScreenは標準的なPCR装置と実験方法で使用可能であり、3時間以内にデータの取得が可能です。

 

pentabase1

 

 

SensiScreen®の技術

SensiScreen®による超高感度の体細胞変異の検出は以下のPentaBase社独自の技術により可能となります。

1, HydrolEasy™プローブ: 改良された優れたシグナル/ノイズ比、一般的な加水分解プローブに比べ高感度

2, Suprimer™ 特定の増幅のためにpentabaseを修飾されたDNAプライマー

3, BaseBlockers™: 野生型テンプレートの擬陽性シグナルを抑制、高感度とアッセイのロバストネスを保証

 

pentabase2

 

 

SensiScreen®の特徴

固体および液体試料アッセイ: 固体の生体試料用と少量のDNAを含む液体試料用の両方ご提供します。

高感度: SensiScreen® FFPEの変異DNA検出限界は0.1%~1%、SensiScreen® Liquidは1コピーの変異DNAまで検出します。

簡便で迅速: 準備が簡便で3時間で結果を取得できます。

最新の技術: PentaBase社のINA技術に基づき、他の一般的な手法とと比較し、より正確な陽性サンプルの検出が可能です。

確かな技術: SensiScreen®は、スイスおよびデンマークにて臨床的に検証されています。

シンプレックスとマルチプレックス: 変異スクリーニング用のマルチプレックスアッセイとジェノタイピングとモニタリング用のシンプレックスアッセイをご提供します。

オープンプラットフォームデザイン:標準的なリアルタイムPCR装置で使用可能です。

 


pentabase3

SensiScreen® Liquidは、標準的な装置を用いて、液体試料中の体細胞変異の早期検出およびモニタリングのために設計されています。血中および他の体液中を流れる循環細胞フリーDNA (circulating cell-free DNA; ccfDNA) 中のガン変異変化レベルのモニターや新たな変異の検出が可能となります。これにより、最適な個別化治療を適時選択することに役立ちます。SensiScreen® Liquidは、変異DNA1コピーを検出することが可能です。

 

SensiScreen® Liquidの主要な特徴

液体試料の分析

・ガンDNAバイオマーカーの早期検出とモニタリング

・変異DNAを1コピーから検出

・試料の準備からデータの取得まで3時間以内

 

 

 1コピーまで掘り下げた検出

下記の図はSensiScreen® Liquidを持ち田1コピーの変異DNA検出を示しています。約3コピー/ウェルに分配した12人の個別患者のEGFRエクソン19欠損DNAヘテロ接合型を約3コピー/ウェルに分配し実験を行いました。

 

pentabase4

 

 SensiScreen Liquid商品リスト

Cat. No Name Volume
1700-1702 KRAS EXON2+3+4 Multiplex (K1) 1/12/60 reactions
1705-1707 KRAS EXON2 Multiplex (K2) 1/12/60 reactions
1710-1712 KRAS EXON3 Multiplex (K3) 1/12/60 reactions
1715-1717 KRAS EXON4 Multiplex (K4) 1/12/60 reactions
1720-1722 KRAS EXON2 Simplex (K5+K6) 1/12/60 reactions
1725-1727 KRAS EXON2 Simplex (K5) 1/12/60 reactions
1730-1732 KRAS EXON2 Simplex (K6) 1/12/60 reactions
1735-1737 KRAS EXON3 Simplex (K7+K8) 1/12/60 reactions
1740-1742 KRAS EXON3 Simplex (K7) 1/12/60 reactions
1745-1747 KRAS EXON3 Simplex (K8) 1/12/60 reactions
1750-1752 KRAS EXON4 Simplex (K9+K10) 1/12/60 reactions
1755-1757 KRAS EXON4 Simplex (K9) 1/12/60 reactions
1760-1762 KRAS EXON4 Simplex (K10) 1/12/60 reactions
1770-1772 NRAS EXON2+3+4 Multiplex (N1) 1/12/60 reactions
1775-1777 NRAS EXON2 Multiplex (N2) 1/12/60 reactions
1780-1782 NRAS EXON3 Multiplex (N3) 1/12/60 reactions
1785-1787 NRAS EXON4 Multiplex (N4) 1/12/60 reactions
1790-1792 NRAS EXON2 Simplex (N5+N6) 1/12/60 reactions
1795-1797 NRAS EXON2 Simplex (N5) 1/12/60 reactions
1800-1802 NRAS EXON2 Simplex (N6) 1/12/60 reactions
1805-1807 NRAS EXON3 Simplex (N7+N8) 1/12/60 reactions
1810-1812 NRAS EXON3 Simplex (N7) 1/12/60 reactions
1815-1817 NRAS EXON3 Simplex (N8) 1/12/60 reactions
1820-1822 NRAS EXON4 Simplex (N9) 1/12/60 reactions
1830-1832 BRAF V600 Multiplex (B1) 1/12/60 reactions
1835-1837 BRAF V600 Simplex (B2) 1/12/60 reactions
1840-1842 BRAF V600E Simplex (B3) 1/12/60 reactions

 


pentabase5

 

固体試料中の検出

SensiScreen® FFPEは、固体試料(fresh, frozenおよびFFPE tissue)および他の大量DNA(50 ngまで)中のゲノムDNAの体細胞変異を検出するように設計されています。50 ng野生型DNAより、0.25~1%の変異を検出可能です。

 

SensiScreen® FFPEの主要な特徴

・原発腫瘍と腫瘍転移の分析

・ガン変異ホットスポットのスクリーニングののためのマルチプレックスアッセイ

・ジェノタイピングと腫瘍確認のためのシンプレックスアッセイ

新鮮、凍結、FFPE試料にご利用可能

 

 

pentabase6

野生型中の変異DNA希釈系列を用いた、SensiScreen® KRAS G12VのRotor-Gene 6000 PCR増幅プロットを用いたシンプレックスおよびマルチプレックスアッセイ。50 ng (約16,000コピー)のヒトゲノムDNAを各反応に加えました。

 

SensiScreen FFPE商品リスト

Cat. No Name Volume
1900-1901 KRAS EXON2+3+4 Multiplex 20/50 reactions
1905-1906 KRAS EXON2 Multiplex 20/50 reactions
1910-1911 KRAS EXON3 Multiplex 20/50 reactions
1915-1916 KRAS EXON4 Multiplex 20/50 reactions
1920-1921 KRAS EXON2 Simplex A+B 20/50 reactions
1925-1926 KRAS EXON2 Simplex A 20/50 reactions
1930-1931 KRAS EXON2 Simplex B 20/50 reactions
1935-1936 KRAS EXON3 Simplex A+B 20/50 reactions
1940-1941 KRAS EXON3 Simplex A 20/50 reactions
1945-1946 KRAS EXON3 Simplex B 20/50 reactions
1950-1951 KRAS EXON4 Simplex A+B 20/50 reactions
1955-1956 KRAS EXON4 Simplex A 20/50 reactions
1960-1961 KRAS EXON4 Simplex B 20/50 reactions
2000-2001 NRAS EXON2+3+4 Multiplex 20/50 reactions
2005-2006 NRAS EXON2 Multiplex 20/50 reactions
2010-2011 NRAS EXON3 Multiplex 20/50 reactions
2015-2016 NRAS EXON4 Multiplex 20/50 reactions
2020-2021 NRAS EXON2 Simplex A+B 20/50 reactions
2025-2026 NRAS EXON2 Simplex A 20/50 reactions
2030-2031 NRAS EXON2 Simplex B 20/50 reactions
2035-2036 NRAS EXON3 Simplex A+B 20/50 reactions
2040-2041 NRAS EXON3 Simplex A 20/50 reactions
2045-2046 NRAS EXON3 Simplex B 20/50 reactions
2050-2051 NRAS EXON4 Simplex 20/50 reactions
1398-1399 BRAF V600 Multiplex 20/50 reactions
1402-1403 BRAF V600 Simplex 20/50 reactions
1400-1401 BRAF V600E Simplex 20/50 reactions

 

商品の価格のお問合せ、使用説明書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
アドレス
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

 

 

 

  • Back
  • PageTop
 

ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル