ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル

HOME > 取扱メーカーリスト > ヒト腎臓細胞株 ciPTEC – ラドバウト大学


ROKEPIE紹介ページはこちら


TROPIQ紹介ページはこちら

生体分子精製磁気ビーズ ディスカウントキャンペーン実施中!

in vivo用高品質抗体

細胞冷蔵保存液Rokepie 無償サンプル配布中!

Biotinylated Proteins

取扱メーカーリスト

SINO BIOLOGICAL社 生科学関連製品リスト

株式会社 東京未来スタイル
(Tokyo Future Style, Inc.)

〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター A-13

TEL:029-851-9222
FAX:029-851-9220
info@tokyofuturestyle.com

お問い合わせはこちら

ヒト腎臓細胞株 ciPTEC – ラドバウト大学

 
図3

ラドバウト大学が開発した条件的不死化腎近位尿細管上皮細胞株(conditionally immortalized Renal Proximal Tubule Epithelial Cell; ciPTEC)をご紹介します。ciPTECは、SV40 large T抗原とヒトテロメラーゼ逆転写酵素を用いて条件的不死化されており、従来の細胞株とは異なり、複数のトランスポーターを安定的に発現しています。

 

ciPTEC: 腎臓薬物トランスポーターの安定的な発現

 図1

 

ABCB1 = P-glycoprotein/MDR1
ABCC2 = multidrug resistance protein 2 (MRP2)
ABCC4 = multidrug resistance protein 4 (MRP4)
ABCG2 = breast cancer resistance protein (BCRP)
SLC22A2 = organic cation transporters (OCT2)
SLC22A6 = organic anion transporters (OAT1)
SLC22A8 = organic anion transporters (OAT3)
SLC47A1 = multidrug and toxin extrusion transporter (MATE1)
SLC47A2 = multidrug and toxin extrusion transporter (MATE2-k)
SLCO4C1 = organic anion transporting polypeptide (OATP-H)

図6


 

薬物性腎障害の評価は、新薬開発において大きな問題となります。リード化合物の3分の1は臓器毒性を示し、リード化合物の5分の1はフェーズ3において腎臓毒性を示します。ciPTECは多くの薬物トランスポーターを発現しており、新薬開発におけるADME試験のロバストで予見的なモデルとしてご使用いただけます。

ciPTECは優れたin vitro腎臓毒性モデルであり、将来的な動物実験の削減に貢献します。

 

図2

 

 

ciPTECの特徴

●ヒト由来

●多くの腎臓トランスポーターの内在的、安定的発現

●OAT1およびOAT3の安定的な導入

●DDIおよび毒性の機能アッセイ

●60継代以上安定

●30以上の学術論文

 

 

ciPTECの用途

図4

●薬物間相互作用の研究

●取込アッセイ (OCT2, OAT1/3)

●排出アッセイ (Pgp, BCRP, MRP4)

●細胞毒性試験

●リン酸再吸収の研究

●受容体によるエンドサイトーシスの研究

 

 

 


細胞株リスト

 

 

細胞株名 説明
ciPTEC-parent conditionally immortalized human proximal tubule cell line stably expressing a range of drug transporters
ciPTEC-OAT1 conditionally immortalized human proximal tubule cell line stably expressing a range of drug transporters, including stable expression of OAT1

※細胞株のライセンシングについては、東京未来スタイルにお問い合わせください。

 


参考文献

 

  • Wilmer MJ et al., Novel conditionally immortalized human proximal tubule cell line expressing functional influx and efflux transporters. Cell Tissue Res 339: 449-457, 2010
  • Schophuizen CMS et al. Cationic uremic toxins affect renal proximal tubule cell functioning through interaction with the organic cation transporter (hOCT2). Pflügers Archives 465(12):1701-14, 2013
  • Jansen J et al. A morphological and functional comparison of proximal tubule cell lines established from human urine and kidney tissue. Exp Cell Res. 323(1):87-99, 2014
  • Peters E et al. Alkaline phosphatase protects against renal inflammation through dephosphorylation of lipopolysaccharide and adenosine triphosphate. Br J Pharmacol. 172(20):4932-45; 2015
  • Nieskens TT et al. A Human Renal Proximal Tubule Cell Line with Stable Organic Anion Transporter 1 and 3 Expression Predictive for Antiviral-Induced Toxicity. AAPS J. 18(2):465-75, 2016
  • Caetano-Pinto P. et al. Fluorescence based transport assays revisited in a human renal proximal tubule cell line. Mol Pharm. 2016, 2016 Mar 7;13(3):933-44

 


商品の価格のお問合せ、使用説明書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
アドレス
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220
  • Back
  • PageTop
 

ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル