上皮細胞成長因子(EGF)- ヒゲタ醤油

higeta3

医薬品、再生医療等 製品製造の培地成分として!

 

ヒゲタ醤油が製造するヒト上皮細胞成長因子(Epidermal Growth Factor; EGF)をご紹介します。

 

ヒゲタ醤油のEGFは、同社独自のグラム陽性菌(ブレビバチルス)を用いて製造されています。さらに、GMP施設内で動物由来成分を使用せずに製造されるため、医薬品製造(ワクチン、再生医療分野)で使われる細胞培養培地のサプリメントとして非常に優れています。

これまでに、大手培地メーカーや再生医療関連の企業へ多くの供給実績がございます。また、1997年に実用化されたBHW(Biological Wool Harvesting)事業においても、動物用医薬品原薬(羊毛の収穫薬)としてEGFを供給してきました。

 

ヒゲタ日本語1

 

ヒゲタ醤油EGFの特徴

 

1, 高品質

GMP準拠体制により厳格な製造・品質管理を行っています。また製造ロットの違いによる品質のばらつきがありません。活性が安定であるほか、エンドトキシンも極めて低いレベルに保たれており、安心して細胞培養にお使いいただけます。

 

2, アニマルフリー(ゼノフリー)

「生物由来原料基準(厚生労働省告示第375号)」で規定される生物由来原料を一切使用していません。ゼノフリー(xeno-free )培地に最適です。マスターセル選択を含むセルバンク構築過程からアニマルフリーですので、より一層安心してお使いいただけます。

 

3, 安価

大量生産体制が整備されており、高品質でありながら低価格を実現。コストメリットの大きい10mg製品も標準ラインアップしています。大量購買ご検討の際は特別価格をご準備いたします。

 

4, 安定供給

常に十分な製品在庫をキープし、いつでも迅速にお届けいたします。

 

5, 豊富な実績

ヒゲタ醤油では20年以上前からhEGFの研究開発を手掛け、同社独自のタンパク質高生産菌Brevibacillus choshinensisを用いたhEGFの大量生産を行っております。1997年には「羊の脱毛薬」として実用化され、オーストラリアにて使用されました。また、同社のハイグレードなhEGFは医薬品製造の培地原料として採用され、長年にわたる使用実績がございます。最近では、再生医療分野の製品開発においても、多くのお客様にご利用いただいております。

 

 

製品リスト

 

製品コード 製品名 容量 希望小売価格
REG100UG hEGF Recombinant 100 μg ¥40,000
REG500UG hEGF Recombinant 500 μg ¥60,000
REG10MG hEGF Recombinant 10 mg ¥250,000

 

ダウンロード

 

EGFデータシート(0.2 MB)

 

各商品の価格のお問合せ、商品仕様書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。