Laurus Bio社の製品

Rc Trypsin standard

カタログ番号:TRYP(液体)、TRPD(粉末)

一本鎖のタンパク質であるトリプシンは、セリン・プロテアーゼS1ファミリーの1種です。Laurus Bio社の製品は、ピキア酵母で発現させた223アミノ酸長であり、トリプシノーゲンからN末端のヘキサペプチドを取り除くことで生成されます。天然型のトリプシンは、β-トリプシンと呼ばれ、α-トリプシンはそれの加水分解から生成されます。このプロテアーゼはpH 7~9において最適な活性を持ち、C末端上のリシンとアルギニン残基でペプチドを分解します。

アプリケーション

  • インスリンとワクチンの製造
  • 細胞培養のアプリケーション
  • 食品産業
  • 化粧品産業

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 高純度(アミラーゼやキモトリプシン、カルボキシペプチダーゼといったプロテアーゼの汚染がありません)

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc USP Trypsin

カタログ番号:TRYP-L(液体)、TRPD-P(粉末)

一本鎖のタンパク質であるトリプシンは、セリン・プロテアーゼS1ファミリーの1種です。Laurus Bio社の製品は、ピキア酵母で発現させた223アミノ酸長であり、トリプシノーゲンからN末端のヘキサペプチドを取り除くことで生成されます。天然型のトリプシンは、β-トリプシンと呼ばれ、α-トリプシンはそれの加水分解から生成されます。このプロテアーゼはpH 7~9において最適な活性を持ち、C末端上のリシンとアルギニン残基でペプチドを分解します。USP(アメリカ薬局方)規格のトリプシンは、α:β比が定義されています。

アプリケーション

  • インスリンとワクチンの製造
  • 細胞培養のアプリケーション
  • 食品産業
  • 化粧品産業

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 高純度(アミラーゼやキモトリプシン、カルボキシペプチダーゼといったプロテアーゼの汚染がありません)

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc Transferrin

カタログ番号:RTRF(液体)、RTRF-P(粉末) (配列:ヒト) / RTRF-B-L(液体)、RTRF-B-P(粉末) (配列:ウシ)

トランスフェリンは、肝臓で発現する血漿の糖タンパク質であり、鉄との可逆的な結合と細胞への運搬によって、体液における遊離鉄の濃度を調節します。Laurus BIo社の製品は、ピキア酵母で発現させた679アミノ酸長であり(非糖化配列)、最も重要な鉄プールを形成させることで、細胞外の鉄貯蔵と運搬を促進します。トランスフェリンに仲介される鉄の取り込みは、細胞上でのトランスフェリン受容体の発現の調節によってコントロールされています。

アプリケーション

  • 細胞の増殖と分化の培地
  • 幹細胞の培養研究
  • 細胞バンクと冷凍保存の培地
  • 貧血の研究
  • トランスフェリン輸送を標的とする技術
  • 糖尿病の研究

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 高い純度

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc Human Albumin 10%

カタログ番号:RHAC-HC10(液体)

肝臓で生成される球状タンパク質の1種であるアルブミンは、血中で最も豊富なタンパク質です。それは、ホルモンや脂肪酸、甲状腺ホルモン、他の生体化合物の運搬における重要な役割を担い、また、バッファーとして働き、血液のpHの維持に貢献します。アルブミンは、膠質浸透圧のコントロールやフリーラジカルの除去によって恒常性を維持します。また、抗凝固と抗炎症の特性も持ちます。Laurus Bio社のアルブミンは、ピキア酵母で発現させた585アミノ酸長です。

アプリケーション

  • 細胞培養のアプリケーション
  • 臨床診断
  • 治療目的
  • 工業生産
  • 用具のコーティング

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 高い純度とバッチ間の一貫性

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc Human Albumin 20%

カタログ番号:RHAC-HC20(液体)

肝臓で生成される球状タンパク質の1種であるアルブミンは、血中で最も豊富なタンパク質です。ホルモンや脂肪酸、甲状腺ホルモン、他の生体化合物の運搬における重要な役割を担い、また、バッファーとして働き、血液のpHの維持に貢献します。アルブミンは、膠質浸透圧のコントロールやフリーラジカルの除去によって恒常性を維持します。また、抗凝固と抗炎症の特性も持ちます。Laurus Bio社のアルブミンは、ピキア酵母で発現させた585アミノ酸長です。

アプリケーション

  • 細胞培養のアプリケーション
  • 臨床診断
  • 治療目的
  • 工業生産
  • 用具のコーティング

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 高い純度とバッチ間の一貫性

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc Carboxypeptidase B

カタログ番号:CPRL(液体)

カルボキシペプチダーゼBは、リシン・アルギニン・オルニチンといった、塩基性アミノ酸に特異性を持つ34.5 kDaのエキソプロテアーゼです。Laurus Bio社の製品は、ピキア酵母で発現させた307アミノ酸長であり、組換えDNAテクノロジーと同社のGMP認証を受けた製造設備においてAOF工程によって製造されています。

アプリケーション

  • インスリンといった原薬の製造
  • C末端塩基性アミノ酸の連続した切断による配列分析
  • 抗体の品質管理

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 高純度(キモトリプシンやカルボキシペプチダーゼAといったプロテアーゼによる汚染がありません)

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc FGFb

カタログ番号:FGFb-H-P(粉末) (配列:ヒト) / B-FGFb-P(粉末) (配列:ウシ)

塩基性繊維芽細胞成長因子(FGFb)は、23種の繊維芽細胞成長因子ファミリーの1種です。胚性幹細胞、神経幹細胞、間葉系幹細胞、内皮細胞において、成長と増殖を促進します。また、FGFbは胚発生やがんなどの疾患進行においても機能します。それは脂肪細胞によって発現し、血中の脂肪の濃度と相関関係があります。Laurus Bio社のFGFbは大腸菌で発現させた155アミノ酸長です。

アプリケーション

  • 細胞の増殖、分化、生存、成長、再生
  • 細胞/幹細胞の培養と培養肉向けの血清フリー培地の主な成分
  • ELISA、ウェスタンブロット、他の分析方法のタンパク質スタンダード

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • より高いバッチ間の一貫性
  • 高い純度

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc EGF-L

カタログ番号:H-EGF-L(液体)

上皮成長因子(EGF)は、EGFRへの結合と下流における複数の細胞シグナルカスケードの活性化によって、細胞成長と分化を刺激するポリペプチドの有糸分裂促進型の成長因子です。EGFは、胎児の成長と発達、神経調節、グルコース輸送、核酸合成といった生物学的機能の調節において、重要な役割を果たします。Laurus Bio社のEGF-Lは大腸菌で発現する106アミノ酸長であり、ヒトEGF配列に加えて、N末端の配列に53のアミノ酸を含んでいます。

アプリケーション

  • 内皮細胞、繊維芽細胞、幹細胞向けの血清フリー培地の主な成分
  • 幹細胞培養と培養肉の処理の補助
  • ELISA、ウェスタンブロット、他の分析方法のタンパク質スタンダード

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • より高いバッチ間の一貫性
  • 高い純度

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

Rc IGF1-LR3

カタログ番号:LR3-IGF-1-L(液体)、LR3-IGF-1-P(粉末)

IGF-1は有糸分裂促進型の成長因子であり、細胞の増殖と生存の刺激剤です。IGF1-LR3はヒトIGF-1の伸長されたアナログであり、より高い成長促進活性を持つインスリン遺伝子ファミリーの1種です。IGF1-LR3はポジション3のグルタミン酸と代わるアルギニンであり、13個のアミノ酸の付加によって半減期を伸ばします。Laurus Bio社のIGF1-LR3は大腸菌で発現する83アミノ酸長です。

アプリケーション

  • 細胞の増殖、分化、生存、成長、再生
  • 細胞培養処理の補助
  • 培養肉処理の補助

利点

  • 100% AOF
  • 外来性感染性因子による汚染のリスクがゼロ
  • 血清フリーまたはAOFアプリケーションにおいて理想的
  • IGF1-LR3のより長い半減期は、より大規模の細胞培養のアプリケーションにとって好ましいです

Laurus Bio社紹介ページへ戻る

各商品の価格のお問合せ、商品仕様書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。